2020/05/11

囲碁AI「GLOBIS-AQZ」プログラムがオープンソース化

AIサービス紹介

ライター:

グロービス(東京都千代田区)、機械学習エンジニアの山口祐氏トリプルアイズ(東京都千代田区)が共同開発した囲碁AI「GLOBIS-AQZ」のプログラムがオープンソース化された。GitHub上でソースコードを公開している。グロービスが11日発表した。

機械学習エンジニア・山口祐氏ら共同開発

「GLOBIS-AQZ」のテクニカル・アドバイザーはプロ棋士の大橋拓文六段で、2018年9月に開発プロジェクトが発足。囲碁AI世界一と若手棋士育成を目指して活動を続け、19年12月、囲碁AIの国際棋戦「第11回UEC杯コンピュータ囲碁大会」で準優勝した。

プロ棋士・大橋拓文六段がアドバイザー

グロービスは「世界中の誰でも自由にGLOBIS-AQZのプログラムを利用できるようになることで、棋譜の解析への活用や、プロ棋士や囲碁ファンが使いやすいソフトの開発が進むことなどを期待する」とコメントしている。

(totalcount 70 回, dailycount 1回 , overallcount 1,950,231 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA