2020/05/11

3密防止AI「ソーシャルディスタンスカメラ」提供開始ーコロナ対策

AIサービス紹介

ライター:

アースアイズ(東京都港区)と日商エレクトロニクス(東京都千代田区)は11日、新型コロナウイルス対策として、商業施設や店舗などを対象に、人工知能(AI)を活用した「ソーシャルディスタンスカメラ」の提供を開始したと発表した。

「3D空間認識」で混雑レベル検出ースマホに通知

「ソーシャルディスタンスカメラ」は、「3D空間認識」技術を使って施設内外の人数や人間同士の距離を認識。AIが混雑レベルを検出した結果をユーザーのスマートフォンに通知する。公共施設やショッピングモール、スーパーマーケット、ドラッグストアやコンビニエンスストアといった小売店のほか、遊園地や観光地など幅広い分野での利用を想定している。

AIが人間同士の間隔を解析

例えば、300坪規模の店舗では、メイン通路の約3カ所に設置した「ソーシャルディスタンスカメラ」が検知する人間同士の間隔のデータをAIが解析。密集レベルをウェブサイトや施設責任者のスマホに通知する。また出入口の人数カウントカメラなどと連動させれば、混雑の時間帯などを予測することもできるという。

「人間の感覚」に近い情報処理

アースアイズの「3D空間把握」(特許取得済み)は、カメラで取得した映像情報を基に、仮想的に立体空間を作り出して人間やモノの距離を把握する技術。「3D空間把握」技術とAIを活用することで、「人間の感覚」に限りなく近い情報処理が可能。センサーを使わずに5メートル四方の人数をカメラだけで正確に捕捉可能。個人情報保護の観点から、画像に映し出された人物を瞬時に代替画像に変換する技術も搭載している。

 

(totalcount 182 回, dailycount 5回 , overallcount 2,858,183 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA