2020/03/30

2020/04/20

AI 顔認識エンジン「FaceMe」と「AI BOX」を統合ー台湾のアルテックとサイバーリンク

AIサービス紹介

ライター:

サイバーリンクの AI 顔認識エンジン「FaceMe」と、アルテックの「AI BOX」が統合された。統合により、接続した IP カメラから人物を検出・識別する「エッジコンピューティング」のデバイスとして利用可能になった。

 人工知能(AI)と顔認識技術などを開発する台湾のサイバーリンク(訊連科技)と台湾のアルテック(華晶科技)はパートナーシップを結び、アルテックの「AI BOX」(米クアルコム製QSC603ベース)とサイバーリンクの AI 顔認識エンジン「FaceMe(フェイスミー)」を統合した。

「エッジコンピューティング」のデバイスとして利用可能に

 統合により、接続した IP カメラから人物を検出・識別する「エッジコンピューティング」のデバイスとして利用可能になった。具体的には、顔の検出のほか、年齢、性別、感情など顔の特徴を抽出できる。小売店で顧客層や満足度を分析したり、家庭やオフィスで来客者の特定などでも活用できる。

低遅延応答、分散処理、トラフィック最適化など実現

エッジコンピューティング」はコンピューティング資源を利用者の端末に近いネットワークの周縁部(エッジ)に配置することで、低遅延応答、分散処理、トラフィック最適化などを実現する技術。

 

(totalcount 142 回, dailycount 10回 , overallcount 2,857,690 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA