2020/04/15

2020/05/01

歴史的著名人の顔辞典アプリ「Name Vision Pro」無償提供、小・中「休校」で―新型コロナ感染拡大受け

AIサービス紹介

ライター:

顔認証・人工知能(AI)などの技術を活用したシステム設計・開発を手掛けるsVision Corporation(エスビジョン)は、小学校と中学校の教科書に掲載されている歴史的著名人約300人の顔辞典の有料アプリ「Name Vision Pro」を無償提供すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大と日本政府による緊急事態宣言の発令を受けた措置。

 

 

顔認証・人工知能(AI)などの技術を活用したシステム設計・開発を手掛けるsVision Corporation(エスビジョン、米国デラウェア州)は、新型コロナウイルスの感染拡大と日本政府による緊急事態宣言の発令を受け、小学校と中学校の教科書に掲載されている歴史的著名人約300人の顔辞典の有料アプリ「Name Vision Pro」(日本語・英語版)を無償提供すると発表した。

「ディープニューラルネットワーク」ー顔データを学習、人物を識別

「歴史の勉強中に『顔』で情報を探す、友達やご家族で問題を出し合うなど、エデュケーションツールとして、また学びの興味を増やすアプリとしてご利用いただけます」ーー。このアプリは人間の脳神経系のニューロンを数理モデル化した組み合わせた「ディープニューラルネットワーク」で顔データを学習させて人物を識別。スマートフォンのカメラで取り込んだ顔と、歴史的著名人約300人をマッチングさせる。

「日本初のアプリ」とエスビジョン

スマホのカメラで同時に認証できるのは「Name Vision Pro」は3人。無料アプリ「Name Vision」(日本語版・英語版)では1人。sVision によると、スマホのカメラで目、鼻、口の位置や距離の情報を基に顔を認証できるアプリは日本初。

 

(totalcount 45 回, dailycount 1回 , overallcount 2,495,439 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA