2020/04/27

2020/05/04

ソフト自動テストAIの運営会社TRIDENTが5000万円調達ー「Magic Pod」の改善目指す

AIサービス紹介

ライター:

人工知能(AI)技術を活用してソフトウェアテストを自動化するクラウドサービス「Magic Pod(マジックポッド)」を開発・運営するTRIDENT(トライデント、東京都中央区)は第三者割当増資で総額約5000万円を調達したと発表した。さらに「Magic Pod」の改善を進め、より多くのユーザーにより優れたサービスを提供を目指す。「Magic Pod」は、LINEやGunosyなどが利用しているという。

インキュベイトファンド、ベリサーブから調達

割当先は、創業前後のシードステージ企業に特化したベンチャーキャピタル、インキュベイトファンド(東京都港区)と、第三者検証による品質向上サービスを提供するベリサーブ(東京都千代田区)。

Magic Pod」は、コンピュータで画面を自動操作することでテスト作業を効率的に行う「テスト自動化」のウェブサービス。デスクトップのウェブサイト、モバイルアプリ両方のテストを1つの製品で自動化できる。

「テスト自動化」の諸問題解決ーAIが自動処理してテスト継続

「テスト自動化」には、テスト対象のシステムをどう操作するかの手順「テストスクリプト」を作成する必要があるが、「Magic Pod」は、ディープラーニングをはじめAI技術を駆使して、「テストスクリプト」の作成には手間がかかり、編集が難しいといった諸課題を解決。テスト対象アプリの画面構成が変更された場合でも、AIが自動的に「テストスクリプト」を修復してテストを継続するという。

「テスト自動化おまかせプラン」提供へー「Magic Pod」使い設計、実装、環境構築、運用まで一気通貫

TRIDENTは、ベリサーブと協業して、「Magic Pod」を使ったテストシナリオ設計・自動化スクリプト実装から環境構築・運用までを一気通貫で受託するサービス「テスト自動化おまかせプラン」を提供する。

 

サービスを提供する現場と「Magic Pod」の開発エンジニアが連携し、実装や運用の過程で出たフィードバックを素早く製品に反映することにより、より柔軟で顧客満足度の高いソリューションの提供が可能になったとしている。

総額400億円超を運用ーインキュベイトファンド

インキュベイトファンド創業来総額400億円以上の資金を運用して関連ファンドを通じて300社以上のスタートアップへの投資活動を展開している。

(totalcount 150 回, dailycount 6回 , overallcount 1,950,527 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA