2020/05/18

AI外観検査システム開発が容易にーアプリ「MENOU-TE(メノート)」

AIサービス紹介

ライター:

MENOU(メノー、東京都中央区)は18日、高度なAI外観検査システムを開発できるアプリ「MENOU-TE(メノート)」の提供開始を発表した。専門知識がなくても複雑な検査、検品、点検をAI化できる。

AI検査の導入を容易化

MENOU-TE」は、現場で行われている検査タスクを画面上でつなぐだけで、AIの判断をプログラミングできるGUI(グラフィカル・ユーザ・インターフェース)を搭載。

「対象物や対象領域を特定する」「対象物の個数を数える」「詳しく見つめる」「異常を判断する」「異常を分類する」といったタスクを指定するだけで、実行可能なAI検査モデルの作成可能だという。

複雑な検査もAI化ー人間と同レベルに

複数のAIを1つのモデルとして連結する「タスクコネクション」機能を用いると、人間と同様に複雑な検査を行うAIを容易に開発できる。

統合的なAI開発環境を提供

AI検査モデルを作るだけでなく、モデルの学習や、学習結果を評価し複数のモデルを管理することも容易に行える。対象画像の管理環境も備えているため他のシステムを導入することなくAI検査の設計を開始できる。 ファイル共有・モデル共有などの機能でチーム開発にも対応。特に、AI開発で最も煩雑なアノテーション(ラベリング作業)を複数の人間が行う環境として活用できる機能も順次リリース予定。

(totalcount 52 回, dailycount 9回 , overallcount 641,141 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA