2020/03/18

2020/04/20

AIが事故リスク低いと推定すれば保険料最大30%返金-ソニー損保

AIサービス紹介

ライター:

ソニー損保は、人工知能(AI)が推定した事故リスクの低いドライバーに最大30%キャッシュバックする自動車保険の販売スタート。キャッシュバック率は5段階。運転特性連動型自動車保険「グッドドライブ」。ソニー損害保険(東京都大田区)は18日、人工知能(AI)がスマートフォン用アプリで計測した運転特性データから事故リスクを推定し、事故リスクの低いドライバーに保険料を最大30%キャッシュバックする運転特性連動型自動車保険「GOOD DRIVE(グッドドライブ)」の販売をスタートした。

 「GOOD DRIVE」のスマホ用アプリで計測される運転特性データは、①走行時間、②アクセル、③ブレーキ、④ハンドル、⑤走行中のスマートフォン操作の状況ーーの5つで構成。保険期間の開始日以降に計測される全ての運転特性データから事故リスクを推定してスコア化し、スコアに応じてキャッシュバック率を決める。キャッシュバック率は5段階

 この専用アプリは、運転スコア向上のためのアドバイスや走行経路、運転スコアに影響するような操作をした地点の確認も可能。利用者が運転スコア向上を目指した運転を心掛けることで、事故リスクの低減が期待できるという。

 この専用アプリは、運転スコア向上のためのアドバイスや走行経路、運転スコアに影響するような操作をした地点の確認も可能。利用者が運転スコア向上を目指した運転を心掛けることで、事故リスクの低減が期待できるという。

 販売に先立つ実証実験では、運転スコアと運転アドバイスをスマホ上に提示することなどにより、事故リスク削減効果が15.3%(推定)だったという。同社は「事故リスクの低い運転をしていただくことで保険料の節約が可能」としている。

(totalcount 52 回, dailycount 2回 , overallcount 2,887,338 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA