2020/05/09

ALBERTのデータサイエンティスト7人が厚労省コロナ対策班を支援ーNHK、10日紹介へ

新型コロナ感染症関連

ライター:

新型コロナウイルスの感染拡⼤をめぐり、ALBERT(アルベルト、東京都新宿区)のデータサイエンティスト 7人が厚生労働省の対策班で提供しているビッグデータ分析やアルゴリズム開発に対する支援が、10日午後9時から放送予定のNHK スペシャル「新型コロナウイルス 出口戦略は」で紹介される。

ビッグデータ分析・アルゴ開発を支援

アルベルトの発表によると、同社は4⽉ 10 ⽇から厚⽣労働省の「新型コロナウイルス感染症対策本部クラスター対策班」の⼀員として活動を開始。感染拡⼤防⽌に向けたビッグデータの分析などを⽀援している。

このALBERTに所属するデータサイエンティスト 7人は、産業間のデータシェアリング推進を担当。厚労省の対策班では、位置情報を基に各地域での接触頻度増減率の分析・可視化の業務に従事しているという。

 

(totalcount 522 回, dailycount 5回 , overallcount 2,858,392 回)

ライター:

新型コロナ感染症関連

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA