2020/05/18

北大発AIベンチャー調和技研にフュージョンが追加出資ー議決権比率15.3%に

AI資金調達

ライター:

ビッグデータ分析などを手掛けるフュージョン(札証アンビシャス上場、証券コード:3977、北海道札幌市)は18日、資本業務提携先で北海道大学公認のAI(人工知能)ベンチャー企業、調和技研(北海道札幌市)に追加出資したと発表した。

調和技研の新規発行株式の一部となる普通株式33万3334株を引き受け、議決権比率が15.3%になった。出資額は非開示。引き受けたのは調和技研が計画する総額3億円の第三者割当増資の一部。

フュージョンは、2017年10月からの資本業務提携先として、連携体制を強化することが、マーケティング企業として自社の成長につながると判断したという。

フュージョンによると、調和技研は、北大発公認ベンチャー企業として画像認識、音声認識、自然言語解析といったAIを活用したサービスを提供している。

(totalcount 67 回, dailycount 1回 , overallcount 1,907,002 回)

ライター:

AI資金調達

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA