2020/03/26

2020/04/20

ディープラーニング人材2万人突破!設立3年目のJDLAー3月の「G検定」合格者4198人

AI人材関連

ライター:

深層学習( ディープラーニング)技術の産業活用を促進している日本ディープラーニング協会(JDLA)が3月実施したディープラーニングを事業活用する人材(ジェネラリスト)向け「G検定」に4198人が合格。その結果、協会設立から3年目で、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)向け「E資格」を加えた累計合格者が2万人を突破した。

「G検定」に4198人合格

 人工知能(AI)を支える深層学習( ディープラーニング)技術の産業活用を促進している日本ディープラーニング協会(JDLA)が3月14日に実施したディープラーニングを事業活用する人材(ジェネラリスト)向け「G検定」に4198人が合格した。

「G検定」1万8721人、「E資格」1660人ー累計合格者

 その結果、ディープラーニングを実装する人材(エンジニア)向けの「E資格」を加えた累計合格者は2万381人と、協会設立から3年目で、ディープラーニング技術を活用・実装する人材が2万人を突破した。内訳は「G検定」が1万8721人、「E資格」は1660人。

 

 今回の「G検定」の業種・職種別合格者割合(複数回答)は「情報処理・提供サービス業」(25%)、「ソフトウエア業」(21%)、「製造業」(15%)、「運輸・通信業」(6.4%)、「大学生」(5.1%)、「大学院生」(3.6%)の順で、無回答は3.9%。年代別では20代(35%)、30代(31%)、40代(23%)の順。次回の「G検定」は7月4日に実施予定。

 

 

(totalcount 105 回, dailycount 1回 , overallcount 2,496,881 回)

ライター:

AI人材関連

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA