2020/05/01

2020/05/04

Ridge-iが映像解析AI、新型コロナーNHKと「白黒映像カラー化AI」共同開発

AIサービス紹介

ライター:

人工知能(AI)・ディープラーニング(深層学習)技術を開発するRidge-i(リッジアイ、東京都千代田区)は1日、ネットワークカメラの映像をリアルタイムで解析し、人間同士の距離、密集度、群衆の人流統計を行う映像解析AIソリューションを開発したと発表した。自治体や法人などを対象に申込受付を始める。

YouTube「Ridge-iチャンネル」で公開

5月1日からYouTubeのRidge-iチャンネルで、「群衆人数のカウンティング」を公開。同月中旬にYouTube 「ZAZAマガジンチャンネル」で、静岡県浜松市鍛冶町通りの映像から人の密集度と合計人数の日時変化を推定するデモを公開予定。

ディープラーニング活用の画像解析が強み

リッジアイは、ディープラーニングを活用した画像解析の技術力を軸に、さまざまな先端技術とAIを組み合わせた開発に強みを持つテクノロジーカンパニー。これまで、NHKアート(東京都渋谷区)と共同で「白黒映像カラー化AI」を開発し、NHK番組でも採用されたという。

宇宙開発利用大賞、経済産業大臣賞を受賞

社会課題解決に向けた取り組みとしては、「土砂崩れ解析ディープラーニング」(JAXAから受託)で宇宙開発利用大賞、経済産業大臣賞を受賞するなど、実証実験に留まらずさまざまな各産業界におけるAI・ディープラーニング技術の実用を進めているという。

(totalcount 164 回, dailycount 6回 , overallcount 2,858,068 回)

ライター:

AIサービス紹介

COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
*は必須項目です。




CAPTCHA